スーツケース、買うか借りるか迷った時に読むエントリー

シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加
  • Evernoteに保存Evernoteに保存

スーツケース

海外旅行の荷物の中でも大きなウエイトを占めるのがスーツケース。スーツケースは海外旅行には欠かせないものです。

海外旅行に行く時に、スーツケースを買うか借りるか悩む方も多いでしょう。

結論から言うと、個人旅行デビューするならスーツケースは「買うべき」です。

その理由を順を追って書いていきます。

スーツケースを買わない理由

  1. 海外にあまり行けない
  2. 保管する場所がない
  3. 高い

こうなるとスーツケースを借りることになります。

スーツケースを借りるメリットは

  • 必要な時だけ使える
  • 保管しなくていい

ことです。

スーツケースを借りるデメリット

レンタルだと必要な時だけ借りて場所もとらない。スーツケースも新しい製品が次から次に出くるし、その時の最新のものを借りる方が合理的だと思いがちですが…

余裕を持ってパッキングできない

スーツケースのレンタル期間はだいたい行く前の何日間かと返却日を含みます。

レンタル期間11日間でいくら、など期間で料金が決まっているとわかりやすいです。

でも日数ごとに料金が変わってくると、少しでもレンタル料金を節約しようとギリギリのタイミングでスーツケースを届けてもらったりして、余裕を持ってパッキングができません。

例えば仕事の後に出発するなど空港に直行出来ない時、前もってスーツケースだけ空港に送りたくても、レンタルだと余計に料金がかかってしまいます。(搭乗の3日前には空港へスーツケースを送らなければならないので)。

案外高くつくレンタル料金

スーツケースはレンタル料金の他に

  1. 補償金
  2. 返送料

がかかる場合があります。

例えば70リットルで11泊4500円のものを借りた場合、下記の料金が加算される場合があります。

  1. 補償金10%(この場合プラス450円)
  2. 返送料1500円(スーツケースの三辺の合計が120サイズ以上なので、120サイズのおおよその料金。発送地域と到着地域により料金はまちまち)

単純に足し算していくと総額6450円。今後海外旅行に4回行くと合計25800円。2万円以上の金額を出せば、きちんとしたスーツケースが買えて元が取れてしまいます。

海外旅行のたびにレンタル業者を探さなければならない

私はこれが一番わずらわしいと感じました。ネットで検索しまくってスーツケースのデザインや料金を比較したり、業者によりまちまちなレンタルのルールを確認したり…

サイズも迷うところです。7泊以下の60リットル~70リットルにするのか、80リットル以上にするのか…そもそもサイズ感がわからないので、荷物の計画もままならず。

本当は現地情報やプランニング、色々考えたいことがあるのに、忙しい中スーツケース選びに時間を取られてしまいます。

基本的に中古品が届く

レンタルする場合、基本的に使い回しになるので中古品が届きます。クリーニングや除菌してあるとはいえ、どんな人が何をどのように詰めて行き来したかわからないものが届きます。気にしないと言えば気にしないけど、やっぱりちょっと気になってしまいます。

スーツケースを持っているとこんなに楽

好きなタイミングで余裕を持って準備できる

慣れた人なら前日にサッとパッキングできるかもしれません。でも個人旅行初心者で行き先も初めて、または行ったことのない季節だったりすると、持っていく服で悩んだりしてパッキングにも手間取ります。

スーツケースを持っていると、仕事が忙しい時は自分のペースで少しずつパッキングできるし、スーツケースを受け取るために自宅で待っている必要もありません。

旅に持って行ける荷物の量が把握しやすい

海外旅行には何でもかんでも持っていけばいいわけではありません。機内預けの重量は23kgなどと決められています。

スーツケースを持っていると、持って行ける容量が決まっているので、重量制限の範囲内で何をどれだけ持って行けるのかすぐに把握できます。

帰国後に慌てて返さなくても良い

スーツケースは借り続けていても料金がかかるだけなので、帰国後はすぐにでも返したいところです。

疲れていても中身を全部放り出して、引き取りの宅配業者に返さないといけません。

自分のスーツケースがあれば、疲れを取ってからなど好きな時に荷を解くことができます。

個人旅行デビューするならスーツケースは「買い」

一度個人旅行で海外を旅したら、フットワークが軽くなります。一人でプランニングして、またどこかに個人旅行で出かけようという気になります。

海外旅行の度にスーツケースを5~6千円で4回借りるより、2万円以上出してきちんとしたスーツケースを買ってしまう方が、自分の旅のパートナーとして、また道具として愛着が持てます。
スーツケース

毎回旅に行くと決める度にスーツケースを探す手間が省けるし、なんといっても自分が選んだスーツケースが使い込まれて行く度に、自分が旅慣れていくような気がします。

私は自分のスーツケースを見るたびに、また個人で海外旅行に行くぞ!とモチベーションを上げています。買って後悔はないし、高かったけどすごく気に入ったものなので、買って本当に良かったなと思っています。

ちなみに私が買ったのはリモワの最軽量シリーズ「サルサエアー」の63L。重量は2.9グラムと非常に軽く、機動隊の盾に使用されているポリカーボネート製。行きは片側にはほとんど荷物が入っていませんでしたが、帰りは満杯。それでもエコノミークラスの機内預けの重量制限(23kg)を超えることはありませんでした。

スーツケースの選び方

下記のサイト様は、プロ目線で大変詳しく選び方について説明されていて、スーツケースを選ぶ時にとても参考になります。よく読んで買わないと後悔します。

安全上、変に目立たない地味な色で、お気に入りを選んで旅に出ましょう!