スーツケースの重量オーバーで泣く前に!ラゲッジチェッカーが超おすすめ

シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加
  • Evernoteに保存Evernoteに保存

空港のチェックインカウンター

早い人は旅行の数日前から、ウキウキしながらスーツケースに荷物を詰め始めるでしょう。

スーツケースに荷物を詰めていると、気になるのが重量。

航空会社によってまちまちですが、エコノミークラスだと機内預け(機内持ち込みではない)の荷物の重量の上限はだいたい23キロです。

自分のスーツケースが上限を超えているのか超えていないのか…?体重計に載せても、スーツケースの方が大きいので重量を確かめるのは困難。

そこで、ラゲッジチェッカーの登場です。

ラゲッジチェッカーを使えば、航空会社のカウンターに行く前に、自宅で重量を確かめることができます。

マッキーノのラゲッジチェッカー

こちらは、マッキーノ(MAQUINO)のラゲッジチェッカー。2015年の8月に、2,376円のものをヨドバシカメラで全額ポイントで購入しました。

サイズは縦15センチ✕横3センチ、厚さは約1.6センチ。重さはたったの95g。手に持っても重みは殆どありません。

伸ばしたらこんな感じ。

マッキーノのラゲッジチェッカー全長

使い方は簡単です。

一度全部の荷物をつめてみて、スーツケースをしっかり閉じましょう。まだスーツケースベルトはつけなくて構いません。

1.電源ボタンを長押しして電源オン

電源ボタンを長押しすると、最初にこのような表示になります。

マッキーノのラゲッジチェッカー電源オン

しばらく待っていると「0.0kg」という表示になります。

マッキーノのラゲッジチェッカー電源オン

2.スーツケースの持ち手に通す

「0.0kg」の表示が出たら、計測できます。画像のようにスーツケースの取っ手に通します。

マッキーノのラゲッジチェッカーをスーツケースの取手に通す

しっかり通したら、引っ掛け金具を、一方の金具に引っ掛けます。

マッキーノのラゲッジチェッカーを取手に引っ掛ける

3.引っ掛けたチェッカーでスーツケースを持ち上げで計測

しっかり引っ掛けられていることが確認できたら、チェッカーの取っ手を両手でゆっくり持ち上げ、液晶の表示を確認します。

画像では撮影の都合で片手で持ち上げていますが、危険ですので必ず両手で持ち上げてください。

重量が表示されるのは、スーツケースを持ち上げている間だけ。

マッキーノのラゲッジチェッカーでスーツケースを計測

画像では殆ど何も入っていない状態なので3.9kgという表示になっていますが、荷物を入れたら10kgぐらいにはなります。

それでも、片側はエアキャップなど殆ど重量のない梱包材をつめていて、片側がほとんど荷物がない状態なのですが。

ちなみに、しばらく使用しないと電源が自動的にオフになります。オフになった時は、また長押しして電源をオンにしてください。

マッキーノのラゲッジチェッカー電源オフ

帰国時にも役立つラゲッジチェッカー

私はラゲッジチェッカーをスーツケースに入れて持って行きました。

帰りの方がお土産をつめたりして荷物が多いので、宿で帰国前にスーツケースを詰めたあと、スーツケースベルトを取り付ける前に重量を確認。

空港のチェックインカウンターの横で、スーツケースを開けて中の荷物をやりくりしている方を見かけますが、私は公衆の面前でスーツケースを開けるのはちょっと恥ずかしいです。なるべくならしたくない。

事前に確認できることはしておきたいし、もし超過しているなら、不要なものを捨てて重量を調節したり、パリの郵便局やクロネコヤマトで別送品扱いで送るという選択肢も出てきます。

また機内持ち込みの手荷物(チェックインカウンターで預けない荷物。機内に持ち込める荷物)のサイズや重量も決まっており、12kg~18kg、サイズは55 x 35 x 25 cm(ポケット、キャスター、ハンドルを含む)と決められています。よって、機内持ち込みの手荷物の重量も確認することができます。

人によってスーツケースのサイズも、入れる荷物の内容も量も違ってきますが、空港で「超過しちゃった!どうしよう!」と焦るより、これ一つ荷物の中に入れて行った方がよっぽどスマートです。

購入はこちらからできます。↓

ちなみに、行く前であればスーツケースを持って体重計に乗れば、総重量ー自分の体重=スーツケースの重量が出てきます。

これだと買わなくて済むよね!と嬉しくなりますが、ところがどっこい帰国する時に宿泊先に体重計があるとは思えないので、やっぱりこれは必要なんですよね。

重量オーバーにならないように荷物を詰めて、楽しい旅を。

ボンボヤージュ!