パリで旅行中にテロ事件が起きてしまったら、滞在中どう過ごす?

シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加
  • Evernoteに保存Evernoteに保存

パリに到着したらテロ事件直後だった

忘れもしない昨年2015年の11月13日、私は2回目のフランスに心を躍らせながらエールフランスの深夜便に搭乗していました。

そして早朝4時すぎにシャルルドゴールに到着した時、機内で携帯電話の電源を入れても良いというアナウンスが流れた後、スマートフォンの電源を入れ、現地の回線に接続。

するとFacebookやLINEで、家族や友人からのメッセージが大量に舞い込んでいました。「心配しています」「大丈夫ですか!?」などなど・・・飛行機の中にいて何も事情を知らない私は何事かと思い、日本のヤフーニュースを見てみると、パリで同時多発テロが起きて100人以上が亡くなっていると・・・

まだ機内を出ないうちにショックに打ちひしがれた私と友人。アパルトマンのチェックインは7時頃の約束だったため、早く着いてしまっても困るからと、シャルルドゴール空港内のベンチでしばらく座って、さてどうしようかと思案しながら時間をつぶしていました。

引き返すにしても航空券の手配など考えると、機内の疲れもあって頭がぼうっとしていた私はとにかく宿で一服したい。考えるのはそれから・・・と思って、6時ジャストで空港のタクシー乗り場からパリ市内に向かいました。

高速道路でパリ市内に向かう途中、サン=ドニにあるスタジアム、スタッド・ド・フランスの横を通りました。スタジアムは電気がついていましたが静まり返っていて、本当にそんな恐ろしいことが起きたのかと思いました。

アパルトマンのある16区に着いて、チェックインが終わったらとりあえずホッとしました。そして、朝ごはんを買いに近所のフランプリ(スーパー)やブーランジェリーへ行くと、観光地ではないからなのか、普段とあまり変わらない様子。

デモや集会には近寄らない

アパルトマンのオーナーさんに言われたことですが、街中を歩いている時にデモや集会などで人が多く集まる所には近寄らないようにと注意されました。

人が多く集まる場所を狙った事件に巻き込まれたりする可能性があるからです。また、デモや集会は暴動に発展する恐れもあります。

もしパリ滞在中に大規模な事件が起きた場合、デモや集会には居合わせないように、またそういう場面を見たらすぐに立ち去ることで安全を確保してください。

写メや動画など撮ることは考えないように。

いつも通り、スリに注意

これもアパルトマンのオーナーさんに言われたことです。特にスマートフォンは狙われやすいから気をつけた方がいいですよ、と言われました。

街が非常事態で様子が変わっているからといって、スリがいなくなるわけではなく、怪しい人がいなくなるわけでもありません。

むしろテロ直後は超警戒モードに入っているから「何も起こらないと思う」とも言われていましたが、「かもしれない」というだけで、観光に出て何が起こっても自己責任です。

とにかく、何が起きても財布やパスポートの管理はしっかりと。

外務省のたびレジに登録しておく

外務省の「たびレジ」に登録しておくと、テロ事件のような重大な事件が起きた時など、緊急時に情報を提供してくれます。

たびレジは、海外旅行や海外出張される方が、旅行日程・滞在先・連絡先などを登録すると、滞在先の最新の海外安全情報や緊急事態発生時の連絡メール、また、いざという時の緊急連絡などが受け取れるシステムです。

出典元:たびレジ https://www.ezairyu.mofa.go.jp/tabireg/

ニュースを見ても現地の言葉がわからず、現地にいても情報がわからない中で、外務省の情報は確かな筋から入ってくるので安心でした。

また、家族だけでなく外務省に旅行者として登録しておくことで、切れた凧のような不安感や「無策」という心もとなさは完全とは言わないまでも解消されます。

登録者は伸び悩んでいるようですが、フランス語が堪能でない場合、日本語で緊急時の情報収集ができるので、海外旅行に行く時は絶対に登録してください。

スマホや携帯は持って行く。ただしサイレントモードに

スマートフォンや携帯電話など、連絡が出来て、なおかつインターネットで情報を収集できる端末は海外旅行では必須です。個人旅行初心者の場合は特にです。

今回テロ事件直後にフランスに入って、やたら恐怖を煽る日本のメディアと、現地との温度差はあったものの、何が起こって、その後街はどんな様子なのか把握することができました。

また先ほど紹介した「たびレジ」から現地情報を収集することもできました。こんなことを経験すると、もはやインターネットに接続できる端末、緊急時に大使館などに連絡することができる携帯電話は必須だと感じました。

海外でのスマートフォンのデータ通信は料金が割高で会ったり、設定がややこしいなど難点はありますが、ライフラインとして絶対に持って行ってください。

タブレット端末は目立つし、街中で操作するのはカモがネギしょって歩いているようなものなので、私はスマートフォンか、スマートフォンがWifiのみの使用の場合は、スマートフォン+携帯電話を持ち歩くことをおすすめします。

スマートフォンや携帯電話ですが、もし万が一テロ事件に遭遇してしまった時に、携帯電話の着信音やバイブレーションが鳴ると、隠れていても見つかってしまう可能性があります。

考えすぎなんじゃないの、と思われるかもしれませんが、海外での危険対策は、取り越し苦労で済むレベルでちょうど良いです。

仕事で訪れるわけでもない場合は、サイレントモードにしておいて差し支えはほとんどないでしょう。

主要な観光地は閉鎖されてしまうので注意

昨年のテロ事件直後、ルーブル美術館やオルセー美術館、グランパレ、プチパレ、オペラガルニエ、凱旋門(屋上への入場)、エッフェル塔(最上階)など、パリを代表する観光地は軒並み閉鎖されてしまいました。

有名どころの施設は行く予定に入れている人が大半ですが、パリの街での過ごし方を有名どころの施設に限定してしまうと、今回のようなテロ事件が起こってしまうと、何もすることがなくなってしまいます。

テロ事件などが起こった場合は宿に缶詰が一番安全ですが、せっかく休みやお金をやりくりして来ているのに、宿に缶詰めというのも辛いものです。

テロ事件があろうと、食べたり、食料品を仕入れに行ったり、現地の人には日常生活というものがあります。観光だけでなく、パリの人になった気分で日常生活を真似てみる、というのも旅の楽しみ方の一つです。

宿の周辺で地元の人たちと同じようにバゲットや肉、チーズ、スイーツを買ってみたりするだけでも、貴重な経験です。

また、ノートルダムやサントシャペルなどの聖堂は入場料が必要ですが、地元の人が訪れる教会は入場無料ですし、主要観光地のように閉鎖されてしまう心配はありません。

もし万が一、何かがあった時のために、有名どころの観光に頼らずとも旅を楽しむ手段として、予備の旅程を考えておくことをおすすめします。

現地発着ツアーは催行されるのか確認すること

パリから出発するツアーを申し込んでいる場合は、催行されるか確認が必要です。私たちはエミトラベルが催行するモンサンミッシェル夜景ツアーに申し込んでおり、テロ事件後も催行されましたが、他の会社が催行するモンサンミッシェルツアーは、催行中止になっていたようです。

予約票やツアーの緊急時の連絡先を記載している資料などは必ず紙でプリントアウトして持って行き、大きな事件があった時には、ツアーが催行されるかどうか電話で確認してください。

テロ事件直後のパリの明暗

テロ事件後でも日常生活は繰り広げられており、商店は開いている店がほとんどで、食料品からお土産まで、買い物には困ることはありませんでした。

ルーブルなどの主要観光地は自動小銃を携行した軍人が警備にあたっており、ものものしい雰囲気でした。

オペラ座界隈などパリの中心部は地元の人が外出を控えていたため、街中は観光客と思しき人の方が多い印象でした。

メトロも若干空いていて、何故かスリらしき人物を全く見かけませんでした。そもそも、ぼーっとした顔をしないようにピリピリしながら乗っていたのですが。

午後9時から深夜の1時まで毎時5分間、宝石のようにエッフェル塔がきらめくシャンパンフラッシュを見ようと、エコールミリテールからエッフェル塔に向かうと、なんだかいつもと様子が違いました。

エッフェル塔正面から見上げると、トリコロールカラーのライトアップになっており、「Fluctuat nec mergitur(たゆたえども沈まず)」の文字と帆船が投影されていました。

同時多発テロ直後のエッフェル塔

これはパリ市の帆船の紋章に添えられている標語ですが、ラテン語で「フルクトゥアト・ネク・メルギトゥル」と読みます。

テロ事件を受けたパリの矜持を目の当たりにし、いつものエッフェル塔が見られないガッカリ感よりも、何か色々な思いが心に押し寄せてきました。

下の画像は、シャイヨー宮から見たエッフェル塔。シャイヨー宮には相変わらずエッフェル塔グッズ売りの兄ちゃんがウロウロしていましたが、観光客でいっぱい。暗いのでスリには要注意です。

la-tour-eiffel

この後、トロカデロのカフェで一服して、メトロで宿に帰りました。

今は、ヨーロッパのどこに行ってもテロに巻き込まれるリスクがあります。それも踏まえた上で、旅の準備は行きたい場所を決めるだけでなく、リスクヘッジもしっかりしていくことが大切です。

その方法については、また後日投稿したいと思います。

それでは、ボンボヤージュ!

オススメ商品

シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加
  • Evernoteに保存Evernoteに保存

フォローする

スポンサーリンク