パリ発モンサンミッシェルツアー(日帰り)の選び方とおすすめのツアー

シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加
  • Evernoteに保存Evernoteに保存

mont-saint-michel

モンサンミッシェルは人気の観光地ということもあって、たくさんの会社が色々なタイプのツアーを催行しています。

大きく分けると日帰りと宿泊ツアー(モンサンミッシェル島内や対岸のホテル)があり、日帰りはだいたいバスでの往復ツアーになります。

また、

  • ガイドの有無
  • 英語ガイドか日本語ガイドか
  • 食事の有無

などで値段が変わってきます。

ツアーによっては、帰りの宿までの送迎をオプションでつけることもできます。

日帰りモンサンミッシェルツアーの主なパターン

  • モンサンミッシェル島内での食事つき(オムレツやガレットなど)
  • 食事なし(当日ミールクーポンをオプション購入できる場合もある)
  • ディーブ・シュール・メール村やブブロン村、オンフルール、ロワール地方の古城やシャルトルなど、プラス一ヶ所以上立ち寄るもの
  • モンサンミッシェルの夜景が見られるツアー
  • 現地への送迎のみ

モンサンミッシェル発の個性的なアクティビティも

  • モンサンミッシェルを望む乗馬体験ツアー
  • モンサンミッシェル上空のヘリ遊覧飛行

ヘリ遊覧は、モンサンミッシェルを上空から見られるのでかなり魅力的!

何を一番優先したいかで選ぶツアーが違ってくる

とりあえずモンサンミッシェルを見たい、名物グルメも楽しみたい。

以下のパターンのツアーがオススメです。

  • 食事つきのツアー
  • モンサンミッシェル以外の観光地にも行けるツアー

日本語ガイドつきだと、要所を押さえて案内してくれます。ガイドつきの場合、島内をガイドが案内するプランと、島内は自由散策のプランがあります。モンサンミッシェルについてよく知りたい場合は、島内をガイドが案内してくれるツアーが良いです。島内をガイドが案内してくれる場合、ガイドにゾロゾロとついて回ることになりますので、団体行動が苦手な方は島内はフリーになれるプランを選びましょう。

島内をゆっくり散策したりショッピングしたい・湾の風景写真を撮りたい

島内はモンサンミッシェルの修道院や教会などの他、ふもとにたくさんの可愛らしいお店が立ち並んでいます。せっかく来たのならじっくりお土産選びもしたい…また、写真をゆっくり撮りたいということであれば、以下のパターンのツアーがオススメです。

  • 食事なしのフリープラン(対岸から島内へのシャトルバス乗車場付近までバスで行ってくれるツアーだと、時間が確保できる。)
  • 現地とパリの往復のみ
  • モンサンミッシェルのみのツアー(プラス1カ所立ち寄るツアーは避ける)

建築や歴史が好きで、モンサンミッシェルの建物をじっくり見たい

とにかくモンサンミッシェルの歴史に浸りたい場合は、以下のパターンのツアーがオススメです。

  • 食事なしのフリープラン
  • 現地とパリの往復のみ
  • モンサンミッシェルのみのツアー(プラス1カ所立ち寄るツアーは避ける)
  • 日本語ガイドつき

プラス1カ所ついているツアーは、短時間で色々見て回れるし、お得感もありますが「かなり忙しい」「ゆっくり見られない(駆け足観光)」ことを頭に入れておいてください。

私はフランスの村にも立ち寄るツアーに参加しましたが、村の滞在時間は40分ほど。駆け足観光を避けたいなら、モンサンミッシェル1カ所に時間を使えるツアーを選びましょう。

夜景が見たい・島内や湾の昼間、夕方、晩の風景写真を撮りたい

これはもう、夜景ツアーしかありません。日没の時間の加減から、冬季限定で催行されるようです。

冬季なら、エミトラベルのモンサンミッシェル夜景ツアーがおすすめです。

私は数あるモンサンミッシェルツアーから、エミトラベルが催行している「【冬季限定】日帰り夜景モンサンミッシェルとノルマンディーのいなか村ツアー」に参加しました。

エミトラベルのバス

モンサンミッシェルは昼間でも充分美しいのですが、昼間から夕方、夕方から晩に、時間が経つごとに表情を変えるモンサンミッシェルとその湾の風景は、一石二鳥どころか、一石三鳥でした。おまけにフランスの田舎の村も訪れることができる、ギュッと凝縮されたツアーです。

ディーブ・シュール・メール村の教会

ツアー代金は、帰りの宿までの送迎込みで、日本円で17,820円でした。宿までの送迎がなければ16000円ほどで済みましたが、夜景ツアーでパリに帰ってこれるのは11時半頃。こんな時間にメトロ夜景徒歩は危険すぎるので、迷うことなく安全をお金で買いました。送迎タクシーはエミトラベル手配なので、その点も安心でした。

モンサンミッシェルツアーに2度行った経験から、私がすすめるツアー選択のポイント

私はパリ発のモンサンミッシェルツアーに2度行った経験から、島内をゆっくり見たいのなら、下のような条件のツアーをおすすめします。

  • モンサンミッシェルのみのツアー(プラス1カ所立ち寄らない)
  • 日本語ガイド付
  • 食事なし
  • 帰りの宿までの送迎サービスあり

モンサンミッシェルのみのツアーをおすすめする理由は、モンサンミッシェル島内にいられる時間が思ったより少ないということです。日帰りツアーで、時間内に島内全てをくまなく回るのはまず難しいです。

島内は小さいけれど、見所が小粒ながらも沢山あり、本来なら1日かけてゆっくり見るべき場所です。それを数時間で見て回らなければならないから、土産物店でのショッピングも駆け足になってしまいます。

また、日本語ガイド付だと現地での有意義な過ごし方をアドバイスしてくれたり、美味しいお店やオススメスポットを教えてくれるので、個人旅行初心者にはおすすめしたいポイントです。

食事なしをすすめるのは、団体旅行で食事を取る場合、団体行動が思った以上に時間を食うので、食事は個人で、島内のカフェでサッと軽く済ませて観光に時間をあてた方が、島内を満喫することができます。個人的には、オムレツよりガレットの方が美味しいと思います。ガレット1つでも結構なボリュームなのでお腹いっぱいになりますし、お酒が飲めるなら、ドリンクにシードルでも付ければ十分。

モンサンミッシェルツアー参加の注意点

出発は催行会社のオフィスに集合するタイプのものが多く、夜景を見るツアーでなければ、集合時間が7時など早朝がほとんどです。

そのため、朝暗いうちから宿を出てメトロなどに乗らなければならないので、個人旅行初心者は暗くて細い路地を通らないなど、集合場所に行くまでに安全面で十分な注意が必要です。

現地ツアー専門の予約サイト、ベルトラで希望に合うツアーを探す

現地ツアーは、日本からではなく、現地から発着するツアーのことです。

現地の旅行会社で、様々な場所へのツアーが企画されており、同じ場所でも催行会社によって内容が違っているので、選ぶのも楽しみのひとつです。

パリには現地発着ツアーを扱う旅行会社がいくつかあります。マイバス、みゅう、エミトラベルなど、大小様々です。

それをサイトごとに探していくのはかなり面倒なので、ベルトラでの一括検索が便利。

ベルトラは、世界113か国321都市で15000種類以上の現地オプショナルツアーを扱っており、投稿されている体験談は20万件以上に及ぶ予約サイトです。

自分の希望に叶うモンサンミッシェルのツアーを探すなら、様々な会社が企画するモンサンミッシェルツアーをまとめて検索できるベルトラがベスト。

個人旅行初心者で、自力で行きにくい場所にはまず現地ツアーで行きましょう。今すぐ希望に合うツアーを、下の画像をクリックしてベルトラのサイトにアクセスして探してみましょう!

オススメ商品

シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加
  • Evernoteに保存Evernoteに保存

フォローする

スポンサーリンク