パリのパワースポット「奇跡のメダイユ教会」世界中から人が訪れる、不思議のメダイ発祥の地

シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加
  • Evernoteに保存Evernoteに保存

一見に値する、歴史あるメダイユ教会

パリの7区、世界最古のデパートと言われるボンマルシェの隣りにあり、バック通りに位置する、不思議のメダイ発祥の地、奇跡のメダイユ教会(Chapelle Notre-Dame de la Médaille Miraculeuse:シャペル・ノートルダム ドゥ ラ メダイユ ミラキュルーズ)。入場は無料!

奇跡のメダイユ教会入り口付近

奇跡のメダイユ教会の入り口付近

この教会は、何故か本屋でお馴染みのことリップとか、地球の歩き方など各種ガイドブックでは扱いがあまりにも小さいのです。やはり日本がカトリック教徒の国ではないからでしょうか。

日本のパッケージツアーの行程にもあまり入っていないので、パッケージツアーでパリに行った方はこの教会のことはあまりご存知ないかもしれません。

ここはパリに来たなら訪れるべき場所です。ノートルダムやサクレクールなどが有名ですが、奇跡のメダイユ教会は小粒ながら世界中から観光客が集まる場所なのです。それは、奇跡を起こしたメダイユ発祥の地だからです。

奇跡のメダイユ教会公式サイト

公式サイト日本語版

http://www.chapellenotredamedelamedaillemiraculeuse.com/langues/日本の/不思議のメダイの聖母の聖堂/

奇跡のメダイユ教会は、愛徳姉妹会の総本部

この場所自体は1633年、聖ビンセンシオ・ア・パウロが聖ルイズ・ド・マリヤックと共に貧しい病人の世話の為に創立した修道院です。

そして「奇跡のメダイユ教会」は現在、世界各国にある愛徳姉妹会の総本部でもあります。この「奇跡のメダイユ教会」の聖堂が、聖母マリアが出現した「不思議のメダイの聖堂」として知られています。

奇跡のメダイユ教会の3つの見所

礼拝堂

教会内部の美しい礼拝堂は地元の様々な年齢、性別、人種の人たちが静かに祈りを捧げています。その中にはこの教会のシスターもちらほらといらっしゃいました。

ノートルダム大聖堂のような荘厳さや重々しさ、闇とは対極にあって、明るく軽やかな印象。とはいえ、厳かな雰囲気には変わりありません。

祭壇は中央の聖母マリアを中心に、青、白、ゴールドで装飾されており、礼拝堂のドアを静かに開けた途端、息を呑むような華やかな美しさで、一度見ると釘付けになってしまうほどでした。

奇跡のメダイユ教会の礼拝堂

私は今の所カトリック教徒ではありませんが、信者でなくてもずっといたくなるような居心地の良い、暖かい感触のある場所でした。そして、暫く座り教会の空間に没入していました。

聖女カタリナ・ラブレの棺(Cercueil de sainte Catherine Laboure)

祭壇の左横には、腐敗することなく130年間残っている聖カタリナのご遺骸が棺の中に安置されていました。聖カタリナは、死後71年後の1947年、当時のローマ教皇によって列聖されています。

カタリナ・ラブレは1876年12月31日に亡くなっていますが、当初は湿気の多い地下墓地に埋葬されていました。しかし、死後56年経って掘り出された時に、彼女の遺骸は完全に元のままでら聖母を見たその目は碧い瞳孔さえ残していたそうです。

初めてご遺骸を拝見した時は、これは蝋人形の複製か何かかと思いましたが、本当に亡くなられてからそのままのご遺骸のようです。聖母マリアの奇跡なのでしょう。世の中には説明のつかない、不思議なことがあるものです。

カタリナ・ラブレの生涯については、こちらのサイト様で大変詳しくご説明されています。

礼拝堂見学の注意点

礼拝堂は、カトリック信者が静かに祈りを捧げる場所です。よって、以下の点を十分に守ってください。これは、メダイユ教会に限らず守るべきルールです。

  • スマートフォンやデジカメのシャッター音を出さない
  • 大きな声を出さない
  • 荷物で椅子を占領しない
  • 祈りを捧げる人の邪魔をしない
  • 神聖な場所では、神への畏敬の念を忘れてはならない
  • 落書き厳禁(どんな場所であっても当然ですが。)
  • スマートフォンでの友人との自撮り等、浮かれた行動は控える

メダイユの売店

メダイユの奇跡は、カトリック信者でなくても誰にでも平等に与えられます。

この教会で売られているメダイは、信者であるなしに関わらず買うことができるので、お土産にもよいです。(ただ、特定の宗教に深く信仰がある方に渡すのは避けた方が良いかと思います。)

私が訪れた時は、日本人のシスターが売店におられまして、声をかけていただきました。

10個ほど入った袋をいくつか買って、一つずつ差し上げると喜ばれます。差し上げる時は、どのようなメダイなのかきちんと説明してあげると親切です。私はシルバーはアルミ製で少し安っぽい感じがしたのでゴールドの袋をお土産用に2つ買いました。もちろん自分用にも買っています。

このメダイは、自分で買うよりも人から貰う方が良いとされています。もし誰かと一緒に行くなら、お互いに買ったものを交換すると良いですね。

売店の様子

メダイを選ぶのに夢中で売店の写真を撮っていませんでしたので・・・こちらのサイトさまをご覧いただくと、売店の様子がわかります。

「不思議のメダイ」の由来

1830年11月27日に聖母マリアがカタリナ・ラブレの前にご出現された時、聖母マリアは楕円形の枠の中で地球の上に立っておられました。

広げた手からは光が輝き出てその頭の周りを星が囲み、その姿の周りには「 “Ô Marie, conçue sans péché, priez pour nous qui avons recours à vous.”(ああ、汚れなくお宿りになられた聖マリア、あなたにより頼む私たちのためにお祈りください)」という言葉がありました。

楕円の枠がくるりと裏返ると、12の星の輪の中に、十字架(イエス・キリストを示す)と聖母マリアを示すMの文字とそれを貫くようにI(Immaculata:汚れない)の文字があり、その下の左側にはキリストの心臓が、その右側には剣で貫かれた聖母マリアの心臓がありました。

そして聖母マリアは、カタリナ・ラブレにこのモデルに従いメダイを作るよう命じたのです。このメダイを身につけ「ああ、汚れなくお宿りになられた聖マリア、あなたにより頼む私たちのためにお祈りください」と唱える人には神の母の特別なご加護が与えられる、と言われました。

カタリナ・ラブレは贖罪司祭に働きかけ、贖罪司祭がパリ大司教にこの話をしたところ、大司教はメダイを、作る許可を与えました。

そうして1831年6月に初めてメダイが作られ、それを無償で配ったところ、コレラが快癒(当時コレラが大流行し2万人以上もの死者が出ていた)するなどあまりにも多くの癒しが起こったために、このメダイが「不思議のメダイ」と呼ばれるようになりました。

メダイはお守りではない

日本の神社で売られているお守りとは意味合いが異なっています。

メダイを身につける者は多くの恵みを受け取ります。メダイは聖母マリアの私たちへの愛の印であり、私たちのマリアへの信仰の証なのです。

そしてメダイを身につけたら、「ああ、汚れなくお宿りになられた聖マリア、あなたにより頼む私たちのためにお祈りください」と毎日お祈りすると、大きなお恵みをいただけます。

祝別されているメダイの販売は禁止されている

祝別されたメダイユは転売が禁止されています。祝別されていないメダイは神父さまに祝別してもらって初めて神と繋がり祈りに使えるものになります。

日本国内のネットショップ等で販売されているメダイは、祝別されているものと、されていないものが混じっている可能性があり、店員さんに聞いても、分からないことが多いでしょう。また、メダイの模造品もアクセサリー店や雑貨店、ネットショップにたくさん出回っているので、そういったものを本物だと思って手に入れないようにしてください。

フランスに行けないけどメダイは欲しい!という方は、パリに行く方に頼んでみる、もしくは、下記のサイトで無償配布されている方に申し込まれることをおすすめします。ただし聖品であっても、フランスのメダイではないかもしれません。

有名人もつけている不思議のメダイユ

奇跡のメダイユ教会のメダイは、著名人や有名人にも愛用者がいます。

  • オバマ大統領
  • 木村拓哉さん
  • YOUさん
  • 梨花さん
  • ローラさん
  • 辺見えみりさん
  • 山田優さん
  • 今井華さん
  • 押切もえさん
  • DragonAshの降谷建志さん
  • 間寛平さん(マラソンの時に身につけていたそうです)

場所

140, rue du Bac 75007 Paris

バック通沿いに位置しています。

入り口がわかりにくく、バック通りを3回ぐらい行ったり来たりしました。
この画像のアーチの門から入ると、メダイユ教会です。

最寄駅

メトロ10号線・12号線Sèvres-Babylone(セーヴル=バビロヌ)駅から徒歩約2分。

営業時間

月・水~土曜日・・・7:45〜13:00、14:30〜19:00

火曜日・・・7:45〜19:00

日曜日・・・7:20〜12:00、14:30-19:00

オススメ商品

シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加
  • Evernoteに保存Evernoteに保存

フォローする

スポンサーリンク