大韓航空でソウル経由パリ行き搭乗記

シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加
  • Evernoteに保存Evernoteに保存
A380のボーディングブリッジ

仁川国際空港のA380のボーディングブリッジ。1階と2階に分かれています。

スカイスキャナーでパリ行きの航空券を探していると、欧州系や日系の航空会社に比べて、中国、韓国系のエアラインは少し安め。

海外旅行って、なんだかんだでお金がかかるので、数万円も安いチケットはとても魅力的ですよね。

でも…安い=安全性に不安が…そう思う方が多くて当然だと思います。

私は以前、大韓航空でソウルまで行ったことがあったのですが、そんなに悪い印象はなかったし、旅費も節約したかったので、大韓航空でのパリ行きにチャレンジしてみました。

画像が少し多めですが、お付き合いください。

※2017年11月2日搭乗時の記録です。

航空券の購入はスカイスキャナーで

航空券はスカイスキャナーで検索し、楽天トラベルより購入。楽天会員だから、航空券購入で楽天ポイントがつきます。

この時は、航空券購入時にとんでもない失敗をしており、その顛末はこちらの記事をお読みください笑

出発10日前、eチケットの姓名が逆だったことが判明!このままでは搭乗できない!

購入した航空券ですが、往路は

午前9:30関西国際空港発、11:25仁川国際空港着のKE722(フライト所要時間 1時間 55分)

14:00仁川国際空港発、18:30シャルル・ド・ゴール国際空港着のKE 901(フライト所要時間 12時間 30分)

乗り継ぎがあるものの到着時間も遅すぎず、時間的にも合格です。

遅延も特にありませんでしたが、ただし夕方パリに到着すると、パリ市内に入る環状道路がものすごく渋滞するんですね…

実際この時、シャルル・ド・ゴール空港からパリ市内まで、2時間近くはかかったでしょうか…混んでいなければ1時間もかからないんですが。

帰路は、往復航空券なので同じルートで

21:00シャルル・ド・ゴール国際空港発、15:55仁川国際空港着のKE 902

19:05仁川国際空港発→20:50関西国際空港着KE721

21時にシャルルドゴール発なので、18:30には空港に着くようにしておき、16時頃までパリ市内で最後の散策をしていました。

搭乗前に、オンラインでチェックインしておく

搭乗の24時間前もしくは48時間前から、オンラインでチェックインできます。

大韓航空のwebサイトでは下記のようになっています。

国際線:出発の48時間~1時間前(米国/カナダ/英国/パリ便:出発の24時間~1時間前まで)

日本発ソウル行きは48時間前から、ソウル発パリ行きは24時間前からwebでのチェックインができます。

スマホにアプリをダウンロードし、チェックイン手続きをしておきましょう。

私は時間に余裕があり、チェックインカウンターに寄る場合でもオンラインでチェックインしています。そして、紙の搭乗券は必ず受け取るようにしています(電子機器に全幅の信頼を置いていないため。リスクヘッジとして)。

関西国際空港のチェックインカウンターへ

関西国際空港の大韓航空のチェックインカウンター

大韓航空ソウル行きの便のチェックインカウンターは他の航空会社のカウンターと同様に行列ができていました。

とはいえ、11月2日は平日だし、ピークではないので大混雑というほどでもなく。

私の番が回ってきて、カウンターでeチケットとパスポートを渡します。

カウンターの係員の方に「チェックインはもうお済みですね」と言われ、「はい。荷物はソウルで積み替えてもらえるんですか?」と、一応ソウルでピックアップする必要がないか確認しました。

荷物は積み替えてくれるとのことだったので、機内持ち込みの手荷物だけで乗り継げばOK。

「紙の搭乗券はご入用ですか?」と尋ねられ、「はい、欲しいです。」紙の搭乗券とバゲージクレームタグを受け取り、保安検査場へ…保安検査後、税関に申告するものは特にないので出国審査場でスタンプを押してもらい、無事出国。あとは搭乗するだけ!

出国エリアの両替所で予約していたユーロを受け取り、ユニクロで不足しているインナー(ヒートテック極暖とワイヤレスブラ)を購入。

出国エリアのユニクロは免税で買えるので、8%の消費税がかからないうえに、レジでKIX-ITMカード(国際線ターミナルビルの2階で作れます。クレカ機能なし。)を提示すると更に5%引きで買えるんです。

店内はそんなに広くないので品数には限りがありますが、ウルトラライトダウンやヒートテックは年中取り扱っているので、季節が反対の国に行く時にも重宝します。

ユニクロの他に、シャネルで母へのお土産の化粧品を買った後、KIX-ITMカードの専用端末でフライトポイントを加算し、モノレールで搭乗ゲートに移動しました。

ソウル行きの便に搭乗

朝9時すぎに、関空発のK722の機内へ。機体は近距離に多いBoeing737です。

大韓航空ソウル行きのパーソナルモニター

大韓航空ソウル行きのパーソナルモニター

三人並びの席のお隣はご年配の親子2人組で、ツアーでパリに行かれる方のようでした。

私は近距離の時、いつも窓側の座席を取り、外の素晴らしい景色を堪能します。トイレは一度、お隣の方が立たれたタイミングで行きましたが、近距離なら窓側でも苦痛はありません。

大韓航空ソウル行きの機内から

アップルパイ、マフィン、フルーツ、ヨーグルトという献立の軽食が配られ、朝食がまだだったので全部残さず食べました。美味しく食べられました。

大韓航空の機内食(朝食)

ただ、甘いものばかりだったので、ベーコンエッグとかしょっぱいものも欲しかったですね(笑)

機内では韓国への入国カードが配られますが、乗り継ぎなのでいりません、と伝えました。

思った以上に簡単!仁川国際空港での乗り継ぎ

2017年11月当時なので、第一ターミナルでの話になります。(大韓航空は現在、オープンした第二ターミナル発着。)

ソウルの仁川国際空港第一ターミナルの駐機場

ソウルの仁川国際空港第一ターミナルの駐機場

関空から仁川国際空港に午前11:45に到着し、降機。「Transfer」の表示に従い乗り継ぐ方向へ進むべく歩き出すと、すぐに日本語で「乗り継ぎ」の案内表示が…!

仁川国際空港

仁川国際空港乗り継ぎ

どんどん進みます

仁川国際空港の乗り継ぎ

日本語表示は、まるで日本の空港にいるよう。

ここはまるで日本だなと思いながら、案内表示どおりに歩いて行くと、セキュリティチェックを受けます。

ペットボトル飲料などの液体物はここで捨てることになります。関空の保安検査と同じように、手荷物や上着をカゴに入れてX線に通し、金属探知機をくぐりました。

探知機に引っかかったので、あれっピアスかな〜と思ったけど、係員の女性が手を水平に上げるポーズをしたので、大人しく同じポーズをして、ボディチェックを受けます。

ズボンのポケットにハンカチを入れていたため少々膨らんでいて、それをポンポンとされたので、「ハンカチです」と中身を見せたら、無事にパス。

X線に通すため脱いだ上着を着て、荷物を持って、少し歩くとすぐに搭乗ゲートに到着。

仁川国際空港17番ゲート

仁川国際空港17番ゲートに難なく到着。ここにも「ゲート」と日本語の表示が。

空港によっては迷ったりする乗継に少々懸念していましたが、あまりにも簡単で拍子抜けしてしまいました…

仁川国際空港での乗継は合理的で、お店も含めて日本語も比較的通じるので、欧州の言葉的にも馴れない空港で乗り継ぐよりも、安心だと思います。

今後、フランスはもちろんのこと、他の国に行く時も、仁川国際空港を利用したい!と思いました。

第一ターミナルでの話ですが、第二ターミナルも同じように日本語の案内表示がありますので、乗り継ぎに迷うことはないと思います。

すぐに繋がるエアポートWi-Fi

余談ですが、関空のフリーWi-Fiはぜんっぜん繋がらないんですが、さすがはIT大国、韓国。降機して空港施設に入るとすぐにWiFiに繋がります。パスワード入力は不要、速度も問題なし。この点も、私が仁川国際空港を高く評価する部分です。

仁川国際空港のエアポートWiFiの案内

ゲート付近ではクラッシックコンサートも

搭乗ゲート付近では、美人さんの韓国人女性によるクラッシックの生演奏が!

世界空港サービス評価(ASQ)でも上位にランクインするだけあって、空港で旅客を楽しませるエンターテインメントは充実しているようです。

乗り継ぎ時間に余裕があれば、トランジットツアーも利用できます。

クラッシックの演奏中は、ゲート付近にいるたくさんの人たちが演奏に聞き入り、時には手拍子も交えて、場が一体となる盛り上がりでした。

マイケルジャクソンの曲の演奏もあり、気分が最高に盛り上がりました。一人でも寂しくない(笑)

仁川国際空港のコンサート

でかい!超大型旅客機A380に搭乗!

さて、ソウル発パリ行きのKE901は、世界初の2階建ての超大型旅客機、あのエアバス社のA380です。二階建てです。とは言ってもエコノミークラスは一階ですが…保有している航空会社も限られているので、これに乗れることが、パリ行きの楽しみの一つでもありました。

駐機場に入ってくるA380を見ていたら、他の航空機と比べてもダントツに大きい…!

駐機場に入ってくるA380

駐機場に入ってくるA380

大韓航空ソウル発パリ行きのA380

手前の機体が小さく感じる!A380の威容

エンジンは左右に二発ずつついているし、窓の数も多い!わー、機内はどんな感じなんだろう…早く乗りたいな〜!とワクワク。一人で内心興奮しまくりでした。

機内に乗り込み、荷物を棚の上にしまって、必要なものだけ黒のエコバッグに入れて足元に突っ込み、着席。リクエストした4列シートの通路側を座っていると、私の隣というか、私の列のシートには誰も来ないんですね…

今までハイシーズンで満席の状態ばかりだったので、オフシーズンってすごいなと思いました。隣がいないって気楽〜!横になることもできますしね。

シートも狭苦しさがない

当方エコノミークラスでしたが、2015年に乗った羽田発パリ行きの直行便、エールフランス(AF274)のボーイング777-300に比べて、シートに狭苦しさを感じなかったのがA380のすごい所です。

大韓航空A380のシート

大韓航空A380のシート

足元のスペースにも余裕がありましたが、その分シートが薄めの作りになっているように見受けられました。

大韓航空A380のシートの足元

大韓航空A380のシートの足元。狭苦しさはあまり感じない。

機内エンターテイメントもいいけど、尾翼カメラが面白い!

機内では、パーソナルモニターで機内エンターテインメントを楽しめますが、ソウル発なので、映画は日本語の字幕がありません。

字幕は英語、韓国語、英語だったでしょうか。ソウル発パリ行きに乗る時は、タブレットに映画や書籍を入れて行くと退屈しません。もちろん、タブレットは機内モードにしておきます。

大韓航空A380のパーソナルモニター

大韓航空A380のパーソナルモニター

機内エンターテインメントもいいんですが、私が一番ハマったのは「尾翼カメラ」。飛行機の背を眺められる独特のアングルです。

退屈する人がほとんどかと思いますが、私はわりと長くこの尾翼カメラから見える、変わらない光景を眺めていましたっけ。

A380のパーソナルモニターで尾翼カメラを選択

A380のパーソナルモニターで尾翼カメラを選択

大韓航空A380の尾翼カメラ

尾翼カメラからはこんな風景が見られる

大韓航空A380の尾翼カメラ

尾翼カメラで見る仁川国際空港の駐機場

とても美味しい!大韓航空の機内食

離陸後、一時間ほど経ってからでしょうか。安定飛行に入り、機内食が配られました。

どうやら、洋食系(肉)とビビンバと、あともう一種類あったようですが忘れました…

行きは洋食系を選び、ビーフシチューにマッシュポテトが添えられたものにサラダ、パン、スイーツという内容で、アルコールは白ワインをオーダー。それが下の画像です。

ビーフシチューもマッシュポテトも、左奥にあるモッツァレラチーズとバジルのサラダも美味しくて、ワインがとても進みましたね〜。

大韓航空パリ行きでの機内食

大韓航空パリ行きでの一回目の機内食

夜中になると、軽食が配られました。おにぎりです。辛ラーメンもあったんですが…唐辛子が強いと咳き込んでしまう私は食べられなかったので、日本語が通じるCAさんに「辛いものが苦手なので、他に温かい食べ物がありますか」と聞くと、後で軽食をお配りします、とのことでした。

で、おにぎりを配りに来てくれたそのCAさん、私が辛いものが苦手なのを覚えていてくれて、辛くない具のおにぎりを見つくろってくださいました。

大韓航空機内で配られた軽食のおにぎり

大韓航空機内で配られた軽食のツナマヨおにぎり

おにぎりは冷たかったですが、一人旅だとちょっとした心づかいが身にしみて嬉しいものです。

大韓航空機内で配布されるミネラルウォーター

ミネラルウォーターは確か2本配られたような

二回目の機内食はこちら。お肉と野菜の炒めものに、大根ときゅうり、玉ねぎにオリーブを添えたあっさりサラダ、フルーツ(スイカとオレンジ)、パンという内容。日本人だから、ご飯食がとても嬉しい。

大韓航空パリ行きの二回目の機内食

そして帰りの便で、念願のビビンバをオーダー!パリで洋食ばかりで疲れていたので、とてもご飯が恋しかったんです。

こちら、見た目は地味ですが、肉と白ご飯の力は偉大です。美味しい!ワインが進んで困る。。

大韓航空の機内食のビビンバ

ビビンバの左隣にある、サトウのごはん的なパックご飯を混ぜて食べます。

このビビンバ食べたさに、また大韓航空の長距離線に乗りたくなった食いしん坊の私でした。

ソウル発の機内でも比較的日本語が通じる安心感

関西国際空港発の大韓航空は、日本人CAや日本語が話せるCAの方がおられ、片言のヘタクソな英語で精一杯の私には、日本語が通じる安心感がありました。

大韓航空のCA

大韓航空のCAの髪飾りがかわいい。白とブルーの制服も爽やかで素敵。

ただ、ソウル発の場合…日本語が話せるスタッフが乗っているとは限りません。機内で話すことなんて限られてるし、ヘタクソな英語で何とかしようとしていたんですが。

機内食が配られはじめ、私の席にも順番が回ってきまして、韓国語で話しかけられました。同じアジア人だから、見分けもつきませんよね。

韓国語はサッパリなので、「どぅーゆーはぶあビーフ?」と超適当な英語で、肉の機内食が欲しいことをアピール。

ちゃんと聞き取ってもらえて、白ワインも追加。あーよかった、と思ってたら、若干たどたどしいけど、日本語で「日本人の方ですか?」と尋ねられ、「はい、そうです」と答えました。

日本語が分かる方がいる!いつも日本語がわかるスタッフがおられるとは限らないとは思いますが、何という安心感…!

帰りのパリ発ソウル行きの便では、爆睡していて2回目の機内食は食べなかったんですが、「お休み中だったので、機内食をご提供しませんでした」シールが私の座席のモニター横に貼られていました。シールは確か韓国語、中国語、日本語の3カ国語で書かれていました。

目が覚めてしばらくしたら、ソウルに着陸する一時間前だというのに、わざわざCAの方が「お休み中だったのでお食事をご提供しませんでしたが、何かご入用でしたら遠慮なくおっしゃってください」と日本語で伝えてくださいました。

大韓航空、色々と問題はありましたが、末端の方々はとても誠実にお仕事をされていると思います。

今後も利用したいので、是非とも頑張ってもらいたい航空会社です。

帰路、仁川国際空港でゲート変更発生

仁川国際空港で関空行きの便をゲート付近で待っていると、空港スタッフがゲート付近にやってきて、英語で何か言っています。

乏しい語学力ですが、大阪がどうのこうのと言っているので、気になって搭乗券を見せると、搭乗券に変更後のゲート番号を書いてくれました。

仁川国際空港の5番ゲート

ゲート変更で急きょこちらの5番ゲートに移動。

エー、ゲート変更か!ちょっとびっくりしましたが、注意して聞いておいて良かったです。別のゲートへ移動して待っていると、搭乗時刻になり、エスカレーターで降りるとバスに乗るように言われました。

これはもしや…!と思っていたら、バスの車窓から外を眺めていると、目線の先にやはり沖止めされている機体が…!かっちょいい!

ライトな空港マニアなんですが、沖止めされている機体にタラップで乗り込むのって、ちょっとした特別感。

実は沖止めに乗り込むのはこれで二度目なんですが、タラップから乗るって、何となくノスタルジックですね。ボーディングブリッジから乗るよりも、飛行機の大きさを肌で感じることができるので大好きです。

しかし、急なゲート変更で予定の便に乗れないと、予定通りに帰ってこれないので、今後ゲートで搭乗待ちしている時は周りの動きにも注意しておかないとなと思いました。何事も勉強ですね。。

つまり、大韓航空でのパリ行きはとても良かった

安いけど大丈夫なの…?と疑い、心配していた大韓航空ですが、実際に乗ってみた感想は「結構良い」し、「また利用したい」と思いました。

  1. 関空発はもちろん、ソウル発の機内で比較的日本語が通じる安心感
  2. 仁川国際空港は日本語表示が至る所にあり、乗り継ぎが簡単

上記の点で、私のような海外個人旅行初心者にも大変分かりやすく、親しみやすい所がおすすめする理由です。

あと、機内での細やかな接客は、前回2015年に乗ったエールフランスよりも好きだなと思っています。

レビューには色々な意見が掲載されていますが、やっぱり本当のところは自分で実際体験してみて確認しなければならないと思いました。

私の場合は運良く素晴らしい接客を受け、満足しているので良い内容のレビューになっていますが、人の評価に左右されすぎずに、接客や他の乗客の様子、機内食、経由地の空港の乗り継ぎのしやすさを実際に体験してみて、自分自身で評価することが大切だと思います。

是非、大韓航空でのパリへの旅にチャレンジしてみてください。

オススメ商品

シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加
  • Evernoteに保存Evernoteに保存

フォローする

スポンサーリンク