シティファルマで購入したフランスコスメレビュー

シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加
  • Evernoteに保存Evernoteに保存

パリのシティファルマ

フランスのコスメが勢揃いしているドラッグストア、シティファルマ。

入り口には

「シティファーマ へ ようこそ

ヨーロッパ一安い薬局」

・・・そこにスペースはいらんやろとか、ヨーロッパ一は言い過ぎやろとか、間違ってないけどなんだかもどかしい日本語です。

パリのシティファルマ入り口

一番かどうかは実際のところわかりませんが、日本で買うより勿論ずっと安いし、とにかく品数が多いので、あまり広くない店内は買い物客でいっぱい。

アジア系の買い物客が多いので、店内にいるのは現地人よりも、観光客の方が多いと思われます。店舗は1階と2階のツーフロアあり、コスメは一階、その他のものは2階、レジも2階。

レジでは、買ったものをそれなりに丈夫な袋に入れてくれますが、他のお店でも買い物することを考えると、買い物したものを一つにまとめておけるエコバッグは持参した方がいいでしょう。

パリのシティファルマのショッパー

シティファルマのショップ袋

フランスコスメがここまでの品揃えだと、嫌でもテンションが上がりますが、何を買えばいいのか迷う!そんな時は「普段使うもの」を買うと、「買ったけど結局使わなかった」という失敗は避けられます。

普段使わないスペシャルケアやポイントケアなどを買っても、使う習慣がないと結局使わなくなって、捨てるかメルカリで売るか…ということになりがち。

あと「何かよくわからないもの」も手出ししない方が無難。スマホでパッケージの単語を調べるか、片言でもいいから店員さんに聞くかして不要な物を買わないよう、失敗は極力回避した方がいいです。

※価格は2017年11月当時のものです。

私が買ったコスメたち

私の場合、リップクリームは常に使うから何本あっても困らないし、BBクリームや日焼け止め、保湿用のオイルなど、日常的に使っているものを購入。

    • NUXE(ニュクス)のリップクリーム「レーブドミエル リップ モイスチャライジング スティック」
    • 100%オーガニックのシリーズ「BIO BEAUTE 」の「BB Crème Soyeuse Perfectrice」というBBクリーム
    • 「Sun Crème Délicieuse Haute Protection(SPF30)」という日焼け止めクリーム
  • 髪、顔、ボディと全身に使える「プロディジューオイル(Huile Prodigieuse)」

友達へのお土産は、NUXEのリップクリームに、「レーブドミエル(Rêve de Miel)」という爪にも使えるハンドクリームと、

ニュクスのレーブドミエルのセット

リップクリームとのセット商品。4.89ユーロ(日本円で600円ほど)

あと100%オーガニックのシリーズ「BIO BEAUTE 」のほんのり色づく「ビオボーテ バイ ニュクス リップバーム(BIO BEAUTE baume a levre)」のラズベリーを。この商品は雑誌にも掲載されていましたっけ。

ビオボーテ バイ ニュクス リップバーム

これまでNUXE一辺倒ですが、他の物も少々買いました。

  • ル プチ マルセイユ(LE PETIT MARSEILLAIS)の石鹸
  • バーバモジャのパッケージにぐっときて、モジャのリップクリーム
  • メルヴィータの「ネクターデローズ リップバーム」
  • RoCの「エニドリアル リップ バーム E」

石鹸は自宅のバスルームに。

ル プチ マルセイユの石鹸

画像上の石鹸が2.75ユーロ(日本円で約340円)、下の石鹸は1.95ユーロ(日本円で約240円)。RoCのリップクリームは3.80ユーロ(日本円で約470円)で、親にプレゼント。

諸々、トータルで97.47ユーロ(日本円で12,500円ほど)の買い物でした。

パリのシティファルマで買ったもの

全部写ってないけど、戦利品。

買ったコスメの使用レビュー

ニュクスのBBクリーム

NUXEのBBクリーム「BB Crème Soyeuse Perfectrice」

100%オーガニックのシリーズ「BIO BEAUTE 」の「BB Crème Soyeuse Perfectrice」というBBクリーム。容量は30mlで8.90ユーロ(日本円で約1,100円)。

保湿やカバー力も普通にありますし、私の肌(乾燥肌)に乗せた限り、重くもなくベタベタもせず、特に悪い点はなし。

NUXEのBBクリームのテクスチャー

手に取ってみると、普通のBBクリーム。

ただし香りは好みが分かれるかも。私は香料は苦手ではないし、香りは結構好きでした。パッケージにはピーチの写真がプリントされていますが、ピーチというよりアーモンドみたいな香りのような…

ニュクスの日焼け止めクリーム(顔用)

ニュクスの日焼け止めクリーム

「Sun Crème Délicieuse Haute Protection(SPF30)」色はなし。50ml入りで10.99ユーロ(日本円で約1,400円)。

こちらも花の香りがします。軽いテクスチャーですが、保湿力はやや強め。

ニュクスの日焼け止めクリームのパッケージ

恐らくこの花の香りかと

塗ると気持ち顔がテカテカする気がしました。乾燥する方にはいいかもしれませんが、オイリー肌やテカリが気になる方には不向きかも。

ニュクスの名品「プロディジューオイル(Huile Prodigieuse)」

ニュクスのプロディジューオイル

このオイルが私的に一番のヒット!顔だけでなく、ボディや髪にも使えるマルチっぷりで、只今継続愛用中。容量は50mlで10.99ユーロ(日本円で約1,400円)。

オイルって塗った後はベタベタ感が残るので苦手だったんですが、これは私のオイル観を180度変えてくました。

手に取ると、トロリとしていて完全にオイルなんですが、塗った後は驚くほどサラッとしています。

お風呂上がり体に塗った後パジャマを着ると、オイルでパジャマの生地がまとわりつく感じが全くない…!

こちらも香りは強めで好みが分かれるところですが、お試しで50mlを買ったので、大きいボトル(100ml)を買えば良かったな〜と大後悔。

ニュクスのリップクリーム

ニュクスのリップクリーム2本セット

「レーブドミエル リップ モイスチャライジング スティック」2本で5.49ユーロ(日本円で約680円)。

ニュクスのリップクリームはたくさん買ってストックしておき、愛用してます。

最初はなんだか物足りないかなと思ったけど、塗るとちゃんと保湿してくれて、質感も軽く、グレープフルーツの香りも好みなのでお気に入り。

日本でオンラインショップで買うとたったの一本で1,296円(税込)もするんですが、シティファルマで買うと、2本で5.49ユーロ(日本円で約680円)!買い込むしかない!安いので、友人へのお土産にもしています。

メルヴィータのリップクリーム

メルヴィータの「ネクターデローズ リップバーム」

「ネクターデローズ リップバーム」パッケージが可愛かったので買ってみました。1本で5.90ユーロ(日本円で約730円)。

質感重めで、ニュクスに比べると量もちょっと少なめ。お試しで一本買ってみたけど、フタの締りが甘かったりして…。

パッケージはものすごくかわいくてテンション上がるけど、ニュクスの方がコスパも質感も香りも好きなので、今度は買わないな〜と思いました。

ニュクスのコスメは香りが強め

BBクリーム、日焼け止めクリーム、オイルを使ってみて感じたのは、「香りが強め」であること。日本のコスメは香りが控えめですが、ニュクスに限って言えば、香りで好みが分かれると思います。

リップクリームやハンドクリームはお土産にも適していますが、スキンケア用品は、愛用している方の指名買いでない限りは、お土産にはしない方が無難かもしれません。

お風呂に買った「ル プチ マルセイユ」石鹸は、毎日のお風呂ですぐに使い切ってしまいました。使い心地も良かったし、安かったから、もうちょっと買っておけば良かったかも。。

レジは長蛇の列。時間に余裕を持って行くべし

シティファルマに行ったのは二度目ですが、2階にあるレジは長蛇の列で、一度目も二度目も20分ぐらい待ちました。店内はだだ混みで、見るだけでも体力を使うので、時間に余裕を持って行くのがおすすめ。レジで待たされるので、急いでいる時に買うのはやめておいた方がいいと思います。

私は午前中に、シティファルマまでヴェリブを使ってパッと買い出しに行き、買ったものを一旦宿に置いてから街歩きに出かけました。

買うものや買う場所が決まっている時は、思いきって買い出しの時間を作り、一旦宿に買い物した荷物を置いてから出かけると、重い荷物を持って回らずに済むのでとても楽。

シティファルマと日本のドラッグストアの違う点は、メイクアップ商品があまりないことです。メイクアップ用品はセフォラなど、他のお店で買いましょう。

シティファルマには、ロクシタン(全ラインナップではなく、シャワージェルなど部分的な取り扱い)やアベンヌ、ビオデルマ、コーダリー、MELVITA、ロジェ・ガレなども置いていて、スキンケア用品は充実しています。

歯ブラシや歯磨き粉、ベビー用品や各種洗剤など、日本のドラッグストアで扱っているジャンルは網羅しています。スキンケア用品以外のフランス製品を買って試してみるのもいいですね。

あと、日本に持って帰る時、ファンデーションや化粧水など、液体類は手荷物にせず、スーツケースに入れるのをお忘れなく!

オススメ商品

シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加
  • Evernoteに保存Evernoteに保存

フォローする

スポンサーリンク