何を着ていく?パリでの服装に迷ったら読むエントリー

シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加
  • Evernoteに保存Evernoteに保存

犬までもがオシャレに見えてしまう錯覚に陥るパリ(笑)。パリに何を着ていけばいい?色々な情報を見て迷ってしまうのが服装ではないでしょうか?

暑いのか寒いのか?ちょっとはおしゃれして行った方がいいの?それとも、オシャレはしない方がいい?あまりキレイな服は着ない方がいい?動きやすさ重視?などなど・・・

普段いない国の季節や気温、街の雰囲気に合わせて着る物を選ぶのもひと苦労です。

私は下にあげたサイトを参考にしたり、アパルトマンの方にメールで質問して着ていく服を決めましたが、持って行って結局使わなかった服もありました。

パリでの季節ごとの服装

私は9月と11月にパリを訪れたことがあるので、その季節に着て行ったものを紹介します。

9月下旬

基本的に黒のロングパンツに綿のジャケット、中にシンプルなカットソーを着ていました。首元が寒い時はスカーフで調節しました。

昼間はジャケットなしでも歩けるぐらいの暑さだった記憶があります。

あまり持って行く服装に悩まなくて良い季節なのかなと思います。寒い時は、長袖のインナーを着込むなどして調節すればOK。

11月中旬

昨年訪れたのですが、日本ではまだ冬の寒さではなかったものの、日本よりも緯度が高いパリでは吐く息が白く、体感温度はもう冬でした。

パリは真冬の寒さではなかったですが、コートは必須でした。11月からはコートが必要と考えておいた方が良いですね。

ウールやユニクロのウルトラライトダウンなどのコートが一枚あれば、ベストやカーディガンを中に着たりして、枚数で温度調整ができます。

ベストはウールのものや、ユニクロの「ウルトラライトダウンベスト」(定価3,900円)がおすすめ。

コートは薄手のものだと寒いです。丈はロングでもミドルでもショートでも構いません。ロング丈だと階段を上り下りする時に引きずったりするかもしれませんし、あまり軽快に動けません。ヴェリブにも乗りにくいし。

ショート丈かミドル丈のコートに、暖かいボトムで防寒するのがおすすめです。

11月にいらなかったのはツイードのジャケットです。現地が思ったより暖かくて、コートがいらない時に困るかなと思って一応持って行きましたが、「一応」で入れる荷物は思い切って持って行かない方がいいなと思いました。

モンサンミッシェルに行く時は、冷たい風が吹きつける時があるので、マフラーと手袋も忘れずに。

パリの秋〜冬におすすめボトム

しまむらの「裏地あったかシリーズ」

ボトムはパンツの場合、ポリウレタンが5%入っていて、しゃがんだりするのに楽なストレッチ性のあるものがおすすめです。

パンツやスカートは、裏ボア付きのものだと暖かく、下にタイツやヒートテックなどを二枚履きこまなくて良いので、荷物も減量できます。

しまむらの「裏地あったかシリーズ」(税込3,900円)のパンツがおすすめです。しっかり暖かい裏地が付いているのにすっきりしたシルエットで、野暮ったく見えません。デニム生地の他、黒や濃紺などシックな色が揃っています。

ユニクロのヒートテックレギンスパンツ

毎年秋冬に登場するユニクロのヒートテックレギンスパンツ。定価は2,900円ですが、セール時は1,990円。これもセールの時に買っておきたいですね。暖かくてストレッチ性も高いので、動きやすい。シワが気にならないので、機内でも着られます。

動画で見る、冬のパリジェンヌのコーディネート

次の動画では、パリジェンヌの冬のワードローブの鉄板、コートと巻き物(マフラー、スカーフなど)の着こなしがとても参考になります。登場する女性たちの年齢層が様々なのも面白い。

Parisian Chic Winter Staples. The 2 Timeless Items in Every Parisian’s Wardrobe.

動画で見るパリジェンヌの足元

靴はよく「バレエシューズなどぺたんこ靴がおすすめ」と書かれています。でも、靴底が薄すぎると日本でも歩きにくさを感じます。ただでさえ歩き回る旅行で、底の薄いバレエシューズなど尚更疲れます。

ぺたんこ靴でも底がしっかりしていて、厚底とまでいかなくとも、ある程度底に厚みのある靴がおすすめです。

靴は歩きやすいスニーカーと、革靴(ヒールなしのペタンコタイプ)を持っていくとTPOに合わせたスタイルができます。

私の場合は、ドクターマーチンのハードすぎず、ちょっとフォーマルなデザインの「FLORA」というサイドゴアブーツを履いていきました。フランスで履いた靴はこれ一足だけです。

これでパリでもモンサンミッシェルでもガンガン歩きました。ドクターマーチンはソールがふかふかで歩きやすく、疲れにくいのでおすすめです。

このブーツでメゾン・ドュ・ラ・トリュフに食事に行ったり、シャンゼリゼ通りのブランド店に入ったりしましたが、きちんとした身なりの人間にそれなりの接客をする場所でも、気後れすることはありませんでした。

サイドゴアブーツは元々フォーマルな靴でしたが、乗馬などアウトドアにも使用されたり守備範囲の広い靴です。

もしスニーカーを履くなら、カジュアルすぎないスペルガのスニーカーがおすすめ。一緒に行った友人が履いていました。

スニーカーを履くなら、スニーカーを履きこなすパリジェンヌの次の動画を参考にしてみてください!

バッグはフタがきちんと閉まるショルダータイプを

ショルダーでもトートでも、フタがきちんと閉まるものが防犯上の観点からも良いです。私は両手が開き、きちんとバッグのフタをガードできるショルダータイプを持って行きました。

持っていける荷物にも限りがあるので、バッグを何個も持って行くわけにはいきませんが、バッグがあまりカジュアルすぎると、ちょっといいお店に入った時に気後れしてしまいます。

合皮でも構いませんから、お出かけにも使える、きれいめのショルダーバッグも持って行くと良いです。

現地のパリジェンヌから学ぶトータルコーディネート

メトロや街の中で見るパリジェンヌは、若い人ほど黒やグレーなどで、色数を絞ったシンプルなスタイルです。若い女性は、スキニーパンツを履いている人が多かった。

逆にご年配の女性になるほど、ピンクのロンシャンのバッグを持っていたり、真っ赤な色を大胆に着るなど鮮やかな色づかいをしているマダムがいました。

次の動画の40歳以上のマダム達も素敵です。

Parisian Chic for over 40, Middle Aged Glamour- Fall Edition, Part 1.

パリジェンヌやパリジャンにおしゃれな人は少ないと言う話も聞きますが、確かにオシャレでない人も沢山います。出っ腹でシャツのボタンが外れてるおじさんもいましたが(笑)

やはり洋服の国の文化の人々です。体型や背丈がどうであれ洋服がサマになりますし、パリを歩いていると、参考にしたくなるセンスの人もいました。そういう人を見ていると、雑誌のファッションスナップを生で見ているような感覚になります。

色数を抑え、現地で違和感のない服装を。

大前提として、安全面の観点から現地で浮かないこと

日本の渋谷や原宿系、ギャルファッションは日本だけのものです。奇抜で目立つので街の雰囲気に合いません。また、フリルを大胆にあしらった日本の「カワイイ」ファッションも子供と見られかねません。

フランスでは、子供っぽく見られたり若く見られるということは、「大人の女性として成熟していない」ことと同じ意味で捉えられるようです。

何よりも現地では見られない奇抜な服装をしていると、嫌な意味で目印になりやすいです。

アジア人観光客はお金を持っているという理由で、もともとスリのターゲットになりやすいのです。また不幸にもテロ事件に巻き込まれたりした時にも、目立つ服装のために標的にされては、たまったものではありません。

そういった輩に仕事をさせないためにも、現地人に合わせた服装をすることは大切です。

きれいな服を着て行っていいの?

パリは治安が悪く、きれいな服装をしているとスリに狙われやすいからあまりいい服を着ていかないと言う話も聞きます。

スリはいい服装をしている人を狙うのではなく、ガイドブックを広げたり、道に迷ったり、メトロで切符の買い方がわからなくてオドオドするスキだらけの人間を狙います。観光客に限らず現地人もスリに遭うほどですので、着ている服装以前に態度の問題です。

そういったスキだらけの態度に注意しながらも、おしゃれはある程度した方がいいです。だってオシャレな街なんですもん。少々オシャレしないと、後悔します。ただ、明らかに「ブランド物で固めました!」的な華美な姿は逆に恥ずかしいというか、浮くと思います。

それと、日本のファッションはアメリカからの影響が大きいため、いざ街に出る時に着る服が、デニムのスカートやパンツにチェックのシャツやスウェット、パーカーなどアメカジに偏りがちです。

パリジェンヌになりきるなら、服装の色数を2色以内に抑え、色は巻き物などの小物で一点だけ足すのがおすすめです。

手持ちの服がカジュアルな服装が多いなら、色数を減らしてみるなどして、ちょっとパリのモード感を足してみてください。

アクセサリーを持っていくと変化がつけられる。

スカーフ、ネックレス、ピアス、リングなどは持って行った方が良いです。服装が同じでも、アクセサリーで雰囲気を変えることができます。

アクセサリーは高価なものより、H&MやFOREVER21で売っている安価なものを持って行く人もいます。

アクセサリーは、ゴールドならゴールドで揃える、シルバーならシルバーで揃えると統一感が出ます。例えば指輪はシルバー、ネックレスはゴールドだと印象がばらけてしまいます。色の系統を絞り、揃えるだけでもオシャレ度がグッと上がります。

また、首周りを彩るスカーフは一枚あると重宝します。この動画では、25通りのスカーフの結び方を紹介していますが、一枚でこんなに表情が変わるのかと目から鱗でした。

パリではナチュラルメイクで。

街で様々な女性を見ましたが、パリジェンヌはあまりファンデーションを白塗りしないようです。

日本人の女性のようにフルメイクではなく、素肌に赤いリップのみとか、アイメイクだけとか、年齢を問わず全然化粧をしていないように見える、ナチュラルな女性が多かったです。

私は基本的にナチュラルメイクなので、現地のナチュラルメイクが嬉しかったのですが。

でも、西洋人がナチュラルメイクでも顔立ちがはっきりしているからちょうどいいのかもしれません。。日本人がノーメイクでいられるかというとそうでもないのが現実かなと思ってまして…

あまり白塗りせずに、アイラインをしっかり入れるとか、リップはしっかり塗るとか、ポイントメイクはちゃんとした方がいいと思うんですよね。そうしないと、自分に自信を持って歩けない(笑)

この動画を見ていると、現地でもBBクリームが使われているようですね。私もシティファルマでNUXEのBBクリームを勧められましたっけ・・・

行くと決まれば手持ちの服をコーディネートしてみる

手持ちの服を組み合わせて、実際に着てみてください。靴も履いてみて、鏡の前で全身を確認。納得いくまで着てみて、足りないものは買い足します。

私の場合、そこそこ機能的で安いユニクロや、オシャレで安価なGU、ちょっとモード感が欲しければZARAへ行きます。

旅行だからと服を改めて揃えることはあまりなく、普段着ているものを持っていきます。

日本で現地の気温とドンピシャの洋服を持っていくのは難しいし、荷物のあまり沢山持っていけないので、

  • 気温の変化に対応できるような服装を準備
  • 着回せるように同系色で揃える

この点に気をつけて服を選んでいます。

アウターはウインドブレーカーやユニクロのウルトラライトダウン、ボトムはユニクロのヒートテックレギンスもしくはユニクロのEZYジーンズと、その日の気温に適した服装ができるような備えをしていきます。

あと同系色で揃えておくと、合わない色が出てこないので、コーディネートがしやすいです。私の場合は上下黒、たまにどちらかがネイビー。

上下黒だと髪も黒なので、白のニットキャップをかぶり、軽さを出します。

そしてちょっと違うオシャレしたい時のために、白のパンツを一本持っていきます。

秋冬はイエローのカシミヤのストール、夏場はスカーフを持っていったり、大き目のインパクトのあるピアスをして、顔まわりを多少でも華やかになるよう気を使っています。

オシャレしに行くのか、観光しに行くのか

下の動画では、現地のファッションの空気感が伝わってきます。パリジェンヌのファッションには流行やルールがありません。

さっき「服装の色数を2色以内に抑え、色は巻き物などの小物で一点だけ足すのがおすすめ」って言ってたのに、どないやねん!と思われるかもしれません。

確かにファッションは自由ではあるのですが、着ているものによって、入ったお店での扱われ方に差が出たり、変な人に声をかけられたりと、安全を脅かされたりすることもあるのです。

現地の人に溶け込もうとしても、顔立ちやたたずまいで観光客であることはバレバレではありますが、せっかく世界一オシャレな街に行くのだから、パリジェンヌっぽいファッションを楽しんでみてください。

でも、一番の目的はオシャレではなく、「無事に行って、現地で何事もなく無事に日本に帰ってくること」あまり服に振り回されすぎないように。。現地で何かが足りないと思えば、パリのマレ地区や蚤の市などで、オシャレな服を買い足しても良いですね。

オススメ商品

シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加
  • Evernoteに保存Evernoteに保存

フォローする

スポンサーリンク